かすてぃら

姉から電話があった。F1000172

緊張した声で、母が危篤だという。

実感が湧かないが急いで帰る準備をして

テーブルの上にあった手つかずの単行本もバックに詰め込んだ。

電車の中で先ほどの単行本(かすてぃら)を開いてみた。

さだまさしさんの本なので買ってしまったが、内容は確認していない。

読み進んで、驚いた。

さだまさしさんのおとうさんの最後の時を淡々と描いた本だった。

今の私にはとてもタイムリーなお話でびっくり!

当分看病になると思い、着替えなど大きな荷物をもって、

実家の玄関を開けると、危篤の筈の母が立っていた。

後ろに気まずそうな姉と父の姿があった。

よく聞いてみると、

昼前から昼寝して、夕飯の支度もせず

起こしても返事もなく、何の反応もなく

息だけしていたらしい。

父と姉はこのまま苦しまずあの世に行くのだと思い込んだという。

毎食の支度をして、庭の花の世話を毎日している人間がいくら高齢とはいえ

そんなに簡単にあの世には行けないと思うのだが、人生何が起こるか分からない。

今回は笑い話だが、いつか本当のハハキトク、チチキトクが来るのだろう。

元気なうちに一緒の時を多く過ごしたいと思った。

  del.icio.us this!

No Response so far

コメントは受け付けていません。

Comment RSS · TrackBack URI