Archive for 4月, 2010

生きるということ

テレビで久しぶりに『おくりびと』を観ました。100413_005449

去年、映画館で観たあと原作の『納棺夫日記』を読んで、

死を描いているのに

生を強く感じました。

今日、2度目の映画ですが、

やはり生きるということ

生き抜くことの大切さが伝わってきました。

人は必ず死ぬ・・・

死に向かって生きている。

限られた時間しか生きられないのだから、

朝目が覚めて、太陽の光が体を包んでくれる幸せを

感じていたいと思います。

No comment »

お久しぶりの・・・

12月25日に退院以来3回目の定期検診で病院に行ってきました。CAVE20WG

手術を執刀して頂いた、キリン先生とも久しぶりです。

今日もブルーの手術着でお疲れモードでした。

血液検査とエコーを使って残った右の腎臓の

健康状態を推察します。

真央的にはとても体調は良いのですが、

ここに来ると患者さんモードになってしまうのです。

不思議ですね。

真央はお腹から腎血管筋脂肪腫を摘出したのですが、

腎臓を提供した方の傷は背中だったので、

素朴な質問をしてみました。

『お腹から切ったのは病院のやり方?それとも症状ですか?』

・・・・・症状です。出血がひどいと予測される症状や腎癌の時はお腹から

摘出します。腎移植など健康な腎摘出の場合は背中から開きます。

そうだったの・・・手術前の説明の時は思いつかない疑問でした。

No comment »

夢の中で・・・

先日、久しぶりに自転車に乗りました。200807050810 千葉公園

天気も良く暖かい午後、自転車でお花見です。

スタートの時はヨロヨロして頼りない感じでしたが、

2時間位桜の中を過ごして帰り途はすっかり昔の感覚を

取り戻して快適な時間でした。

自転車のペダルが届かない・・・

地面が遠く見える。

とても大きな自転車で町の中走って、止まらない。

車とすれ違って怖い思いをする・・・全て夢の中ですが

20代頃よくこんな夢を見ていました。

夢の中で大きな、足が地面につかない自転車に乗って

ふらつきながら、町中を通り過ぎるのです。

10代の頃は東伏見の自宅から新宿まで乗っていたのに、

20代の頃も時々乗っていたのに、

何が原因なのか・・・夢の中では

とても怖い乗り物なのです。

最近は怖い夢を見る事のなくなったし

久しぶりに楽しい時間が過ごせたので、

天気がいい日は自転車通勤もいいなって思っています。

No comment »

頭に・・・

今、頭に鍼を刺してブログを書いています。F1000122

頭が疲れた時、やるべき事が多すぎて整理がつかない時、

頭に鍼を入れるとイライラやモヤモヤが消えて

スッキリします。

学生時代、試験勉強で疲れた頭に鍼を刺したまま、抜くのを忘れて

東京まで電車に乗って行った事がありますが、

誰にも不審がられませんでした。

今思うとかなり変な人だったようです。

No comment »

理想の自分を追いかけて・・・

有名人(芸能人・文化人を含めて)の書いた本や言葉にF1000100

影響されてこうならなければ・・・・こうしなければ・・・

こんな話を最近、よく耳にします。

芸能人も文化人も活字にする以上多少のデコレーションをしているのではないでしょうか?

人間なんて・・・という歌が昔はやってました。

あの時は理解できませんでしたが、

今、思うと深い言葉です。

完璧な人になる必要はないのです。

今、いる自分を認めてあげることが大切なのではないでしょうか?

不完全な自分を愛して、不完全なパートナーや友人の言葉や行動に

片目をつぶって生きてみると、

もっと一日一日が楽に楽しくなっていくような気がします。

No comment »